home > 睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群 日中に強い眠気を感じる方、いびきが大きいと言われる方は注意が必要です。医学で検査を受けて診断されると、保険適用により治療が可能です。

睡眠時無呼吸症候群

 SAS(Sleep Apnea Syndorome)と略して呼ばれ、寝ているときに呼吸が止まり大きないびきを繰り返す病気です。高血圧、不整脈、脳梗塞、狭心症、心筋梗塞等の循環器疾患との関連も指摘されています。また、日中の眠気による交通事故、労災災害、仕事や学業の低下など、社会的な問題も懸念される病気です。
 日本人の1〜2%が睡眠時無呼吸症候群であるとされ、症状は習慣的な強いいびきや、日中の強い眠気が特徴です。自覚症状なく仕事中などに眠ってしまう人もいます。ただのうるさいイビキとは違いますので、ご家族の気付きも大切です!

種類

  1. 1.閉塞型

     SASのなかで一番多いタイプでOSASともいいます。無呼吸状態のときでも胸とお腹の呼吸動作はしているのに、気道が塞がっているので息が出入りしない症状です。大きな扁桃(のどの奥の左右)や舌根(舌の根元)が沈んで気道が塞がり無呼吸となるのが原因です。
     いびきは無呼吸中には起こりませんが、呼吸が再開すると大きないびきが起こります。大きないびきで数回呼吸したあと無呼吸の状態になることが繰り返されます。

    口腔内装置図   マウスピース
    正常時   気道が塞がった状態

  2. 2.中枢型

     呼吸を司る脳の中枢機能が低下し、呼吸する筋肉自体の運動が停止する無呼吸の症状です。

治療には、まず医科の病院で検査を

 OSAS-閉塞型睡眠時無呼吸症候群は、睡眠中に何度も無呼吸状態を繰り返すことで日中の眠気を起こすだけでなく、高血圧症、心不全、脳血管障害の合併症も引き起こす可能性もあります。医科の病院に一晩泊まって呼吸の状態を診断し(終夜睡眠ポリグラフ検査)、その結果に応じて治療方法を選びます。
 治療方法には呼吸器内科のnasal-C-PAP療法(睡眠時に酸素マスクを着用する)、耳鼻咽喉科の手術療法(気道を確保するための手術)、歯科が処置する口腔内装置(マウスピース)があります。

つまり

 3つの治療方法のうち、口腔内装置は上咽頭部(のどもと)が塞がって気道が通じなくなってしまうことを防ぐことで、無呼吸症の改善が見込める患者さんに効果的です。口腔内装置は、寝ているときに口が開くことを抑え、鼻呼吸に導く役割をします。
 上咽頭部が塞がるのは睡眠時に舌やのどが口の中でどんな状態になっているのかが大きく関係しています。口腔内装置は気道を塞がないように口の中のバランスを改善するのですが、下あごを動かないように前の方に保持するタイプと、舌を前の方に保持するタイプがあり、当院では下あごを保持するタイプで治療しています。


口腔内装置図   マウスピース
口腔内装置図   マウスピース

 このタイプは、一般的にいびき症や軽症・中等症のOSASに適しているとされているほか、中等度・重症OSASでnasal-Cpap療法が適用できなかった患者さんにも処方されています。また、副作用としては歯・あごの関節の違和感・疼痛などが考えられますが、それほど強くありません。

当院はOSASの口腔内装置を保険で治療

 当院では、平成12年よりこの治療方法を重ねており平成20年3月現在352人の患者さんに口腔内装置治療を処置し、平成16年からは保険治療となりました。  医科の先生による診断後にご紹介いただいた患者さんが保険適用となりますので、まずは呼吸器内科・耳鼻咽喉科などを受診されたうえでご来院ください。

連携病院


▲ページのTOPへ